院長ご挨拶

院長 市原 三義

はじめまして、桜新町レディースクリニックの院長 市原三義です。
私は、以前勤めていた大学病院で、産婦人科専門医・指導医、婦人科腫瘍専門医・指導医、腹腔鏡技術認定医として、他の産婦人科医らとともに治療方針を相談して最終決定する立場でした。
そして年間300例ほどの腹腔鏡などの手術と年間40例以上の進行がんになった患者さんを中心に治療を行っています。大学病院では診療・教育・研究のいずれもとても大切ですが、その中で私が最も得意として大事にしてきたのは診療です。

様々な患者さんが紹介されてくる中で、本当に産婦人科疾患なのかを見極めること、初診時から適切な治療方針を決めることを大事にしています。また手術や抗がん剤治療を行った患者さんでは、治療後の健康維持のホルモン療法や再発予防を積極的に行っています。また病気である以上は治らないこともあり、その場合でも最新の医療と患者さんに寄り添った説明と理解していただくことで、納得して病気を受けとめてご自身の生活を送ってほしいと思っています。 しかし、外来の初診時にはすでに進行した病気で、将来の妊娠が危ぶまれてしまう状況や、がんの治療をすること自体が困難な方も多く受診されます。そのたびに、もっと前になにかすることができなったかと考えるようになり、患者さんが紹介される前の身近な地域医療の大事さを痛感してきました。そして産婦人科疾患による命の危機や将来の妊娠に手遅れになるような患者さんを減らすには、専門的知識を持ったクリニックが必要であると考えました。

桜新町レディースクリニックでは、身近で気軽で、女性の一生を見守り、一人ひとりの人生を考えた医療を提供することで皆さんに貢献していきます。

桜新町レディースクリニック
 院長:市原 三義

専門分野

  • 婦人科腫瘍
  • 産婦人科全般

略歴

  • 昭和大学医学部卒業
  • 昭和大学大学院医学研究科外科系産婦人科学にて医学博士学位授与
  • 昭和大学医学部(東京都品川区) 産婦人科学教室所属
  • 国立伊東温泉病院(静岡県伊東市) 産婦人科医員
  • 大口東総合病院(神奈川県横浜市) 産婦人科医員
  • 昭和大学藤が丘病院(神奈川県横浜市) 産婦人科学教室講師
  • 水戸赤十字病院(茨城県水戸市)産婦人科第2部長
  • 昭和大学横浜市北部病院(神奈川県横浜市) 産婦人科学教室講師

資格

  • 昭和大学大学院医学研究科外科系産婦人科学 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
  • 臨床研修指導医
  • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS:Japan Council for Implementation of Maternal Emergency Life-Saving System) J-MELSベーシックコース修了

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本産婦人科医会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 特定非営利活動法人 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG: Japanese Gynecologic Oncology Group)