いま、妊娠・出産・育児にのぞむ皆さんへ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で、皆さんがご不安になることが多いことかと思います。特に妊婦さんは赤ちゃんへの影響が心配だと思います。まだ少ないデータですが、今のところ胎児の奇形や流産などのリスク上昇は無いようです。しかし、妊娠初期の感染から出産した例はほとんど無いため、今後の報告が待たれます。また垂直感染、つまり母体から胎児・新生児への感染、お母さんから赤ちゃんへの感染はありえます。そのため、出産時に新型コロナ感染が母体にある場合、胎児・新生児への感染リスクを下げるため帝王切開がされることがあります。まだワクチンも治療も確立されていないため、現状では感染予防が第一です。

日本産婦人科医会からのパンフレットを参考にしていただければと思います。

https://www.jaog.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/07/e846f2be43be6ba1ec6176a97c76db68.pdf

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です